熊本に総本部を設け、日本はもとより、世界に広がる千唐流空手道を紹介するオフィシャルサイトです。

千唐流空手道ーCHITORYU KARATEDOー

日本語サイト英語サイト
千唐流空手道とは道場のご案内大会・審査 結果千唐流ブログスケジュール

TOP > 千唐流空手とは > 唱和

千唐流空手とは
唱和
力必達 剛直
我々千唐流空手道を修行するものは 常に武士道精神を忘れず 和と忍をもって成し そして力必達


WARE WARE CHITORYU KARATE DOH WO SHUGYO SURUMONOWA
TSUNENI BUSHIDOH SEISHIN WO WASUREZU
WA TO NIN WO MOTTE NASHI
SOSHITE TSUTOMEREBA KANARAZU TASSU



「和忍」

とは、人の心に応じて合わせることと原義されるように、心を合わせてやわらぐことを意味する。やわらぐとは、たいらか、つまり“平和”ということです。さらに、陰陽の二気がよく整ってやわらぐこと、又人の仲の良いことを“和合”といい、なめらかに整いやわらぐことを“調和”とも言う。

とは、平和の心を求めるものである。

とは、刀と心から成るように、「たえる」ことの意で心のうちでとらえることを意味する。“忍耐”というように耐えしのぶ、しんぼうする“堪忍”ゆるす“容忍”というきびしい面を合わせ持っている。

“忍之一字衆好之門”
忍耐の一語を守ることが、多くの事を成し遂げるのに一番大切であると(呂本中)は曰く、“
和忍”平和の心を求めるには、和合の心と、容忍の心を合わせ持つ強い精神力が必要である。


「力必達」

は、筋力であり、働き、努めであり、能力という作用を言う。

は、原義として武器の柄にする木のくいが折れないようにひもを巻きつけたさまで、かならずの意として用いられている。絶対に必要であるという強い意がある。

は、通るの意で道が通じることを意味する。

武道の修練を通して、和忍の強い精神力を学び、人生の目標に何ら絶対的な力を得ること。つまり、力必達の精神こそが、人間にとって大きく成長する原動力となるのである。

初代が、戦後の敗戦という混沌とした廃虚の中で、武道の使命を今こそと考えたのである。廃虚からの再起を願い、平和の尊さと忍のむずかしさを忘れる事なく、将来に向かってしっかりと目標を持って邁進する姿を思い、
和忍・力必達という語を掲げたのである。今日の武道は、競技中心か、闘争的な過激な面ばかりが注目され、本来の目的である、人格の陶冶形成がなおざりにされており、社会生活においても大切な礼節が簡略化され、心の併ない挨拶となっている。

今こそ
和忍・力必達の精神を理解する拳士が幾多と増え、社会の模範となるべく日夜、武道を精進しなければならないのである。

ページの先頭に戻る
リンクサイトマップお問い合わせ

千唐流空手道-CHITORYU KARATEDO-
千唐流空手道(総本部事務局)
〒860-0863 熊本県熊本市中央区坪井6-27-38 TEL:096-343-1723 FAX:096-346-1649
Copyright CHITORYU KARATEDO all rights reserved